大原野、味わおう!

(写真)タケノコ料理の老舗 京都・大原野 うお嘉

京都市・洛西エリアの大原野は、観光地として名高い神社仏閣や繁華街からは少し離れていますが、豊かな自然が魅力的な農業地域です。竹やぶの多い大原野で毎年春に収穫されるたけのこは、有名な料亭などでも利用される逸品。知る人ぞ知る絶品のたけのこを生み出しているのは、大原野に根付く農家さんの並々ならぬ努力の成果です。ぜひ大原野に足を伸ばして、美味しいたけのこを味わいませんか

Savour the Oharano Area

Located at the foot of the mountains directly West of Kyoto city, Oharano is an agricultural area that still retains the rustic charm of the countryside, even though it’s located in the city limits. Oharano is well known for it’s many bamboo farms where takenoko (bamboo shoot) is harvested every spring. The farmers here take pride in their hard work unearthing one of Kyoto’s cultural delicacies. We’d like to share with you a few ways you can come to Oharano and enjoy Japan’s best bamboo shoots.

5月4日のタケノコ収穫は農家さんも出演しているこの場所で!
フランスのテレビ局が数多くの産地から選んだこの場所、このタケノコの魅力ってなんだろう。放映内容を少しご案内します。

(9:47からOHARANO)

「農家さんはプロだ!」ほんの少しやれば簡単に掘れると思っていたけど難しい。
や〜っとコツがつかめてきた。......こどもたちの声と共に「やったぁ〜!」

■大原野では、どうして美味しいたけのこができるんですか

ここ大原野が含まれる京都・西山地域は、日本の中でも群を抜いて美味しいたけのこが採れる名所です。美味しいたけのこを育てる条件が整っているんです。まず大原野の竹林は緩やかな坂で、農家の方にとって作業しやすい場所。傾斜に合わせて水もゆっくり流れるから、一年中潤っている。ミネラルがたっぷり蓄積された土地は肥沃で、たけのこにもしっかり栄養が行き届きます。農家にとってもたけのこにとっても、嬉しい条件が組み合わさっている珍しい土地なんです。

(タケノコ料理の老舗 京都・大原野 うお嘉

Delicious takenoko

The Nishiyama area, including Oharano, produces the most delicious takenoko (bamboo shoots) in Japan. I believe there are three important conditions that make the area perfect for bamboo. The slopes here are gentle, not steep, which is suitable for farmers. There’s lots of slow-flowing water making the ground moist, and the soil is fertile and rich in minerals. It’s a rare combination benefiting both the bamboo and the farmers.

■大原野のたけのこの歴史を教えてください。

なぜ大原野で竹林が豊富になったかというと、その昔、国が大原野で竹の研究と耕作に力を入れたからなんです。「京都式軟化栽培法」により、竹畑が増えました。さらにミネラルが豊富な土をまんべんなく散らすことで美味しいたけのこができると、研究家が発見したんです。たけのこは地面から頭を出すと、硬くなって苦くなります。でも土の中にいる間は柔らかくて、甘い味がするんですよ。農家さんたちが土の深いところからたけのこを柔らかいまま掘り出すために、大原野ならではのユニークな「掘ぐわ」という道具が発明されたそうです。

僕は、地域の農家さんたちをとても尊敬しています。自分の仕事に誇りを持つ彼らの職人さん的な姿勢は、本当に素晴らしい。毎年新しい土を散らすなんて、大変ですよね。それも明治時代から毎年、戦時中も変わらずに毎年続けてきたそうです。この農家文化があるからこそ、美味しいたけのこができるのです

History of takenoko

The bamboo shoots here are one of Kyoto’s culinary treasures. A long time ago the country put a lot of effort into bamboo research and cultivation. This area was designated as a “soft earth farming area” specifically for bamboo farms. Specialists discovered that spreading a mineral-rich earth helped to make the bamboo shoots more delicious. When bamboo shoots break from the ground, they become hard and bitter, but in the ground they’re soft and sweet, so farmers needed a way to dig out the soft shoots from deep under the ground. The tool invented is called a horigua, and it’s unique to this area only. 

 

I really respect the local farmers. Their craftsmanship, or “farmership” as I like to call it, is amazing. They take pride in their hard work. This working culture is the foundation of delicious takenoko. Did you know they spread new soil every year? They’ve been doing it every single year since the Meiji area, through wars and other hard times. Every year! That’s why we have the best.

大原野でたけのこ収穫を体験する

地域の農家さんをはじめ、大原野を含む洛西エリアで活動するNPO法人らくさいライフスタイルが協力して、たけのこ収穫体験を実施しています。

 

竹林に集まって実際に「掘ぐわ」を使いながら、たけのこを掘る。簡単そうに見えて奥が深いのが、たけのこ掘りです。たけのこの根っこを傷つけないように、そっとくわを動かしながら、てこの原理でえいやっと引っこ抜きます。

まいまい京都のタケノコ掘りツアー

「あ、ここ掘ってこの下、いいのあるよ地面の上からはまったく見えないのに」「くわの持ち方は、こうやって」と農家さんがちゃんとアドバイスしてくれるので心強い。

 

それでも傷をつけてしまったり、力加減がうまくいかなかったり。農家さんの卓越した技術に脱帽です。

 

そしてその場で採れたてをバーベキュー皮ごと焼いたり、アルミホイルで包んだり。大原野のたけのこはえぐみが少ないため、アク抜きせずにすぐに食べられます。

Enjoy yourself in Oharano

A bamboo shoot harvesting tour will be held in cooperation with farmers from the local area and the NPO Rakusai Lifestyle, which covers the Rakusai area including Oharano. Participants will be able to unearth their own bamboo shoots in an actual bamboo thicket, using the local ‘horiguwa’ (a special type of hoe). The hoe works as a lever to pull up the shoots without damaging their stumps. As the shoots are entirely underground, it takes a trained eye to find them. Farmers will be there to give you advice on where to dig, and how to use the hoe to help you pull them up. You'll come to know exactly how hard it is to master digging one up without damaging it or using too much energy. The harvested bamboo shoots will be wrapped in foil and BBQed for guests to share, and as they aren't astringent in flavour, you can eat them there are then.

旬のたけのこを産直で買う

新鮮なたけのこを自分で料理してみたい方は、地域の農家さんから直接買うのがおススメです。もちろん送ってもらうこともできます。

 

大原野では美味しいたけのこのために、農家さんが一年中竹やぶで作業しています。一年中作業をするのは、日本の中でも珍しいそうですよ。

 

たけのこが自然に地面から頭を出す頃には、緑色で硬くなってえぐみが感じられます。

 

一番美味しいたけのこは身が白くて、とっても柔らかい。(3月頃の一番最初のたけのこはお刺身として重宝されます)

その状態のたけのこは一番高値になってしまいますが、いろんなたけのこがあるので、手頃な値段でも買えます。大原野では、「通常」「特上」そして「白子」に分けて販売されています。

 

記載しているお値段はあくまで参考価格。詳しくはお電話でお問い合わせください。

Take a souvenir home

If you’re the type of person who loves cooking with fresh food and vegetables, you’ll enjoy going to buy fresh bamboo shoots, or having them delivered to you direct from local growers. The Western part of Kyoto is the only area in Japan where bamboo shoot farmers maintain their bamboo farms all year round to ensure that the shoots are as delicious as possible.

 

When takenoko leave the ground they turn green and harden and become astringent in flavour. The best bamboo shoot is soft, white bamboo, and its flesh is as soft as butter. But it’s also the most expensive! Farmers around here offer shoots in the standard (futsu), special (tokujyo) and the best white (shiroko) varieties. Prices vary, so please call any of the following farmers for more information.

上田農園 - 上田泰史

電話: 090-9090-1173(携帯)

ホームページ: http://www.uedanouen.com/

収穫: 4月5日~25日

値段: 様々

特上: ¥4,000 (2kg)・¥6,000 (4kg)

白子: ¥8,000 (2kg)・¥12,000 (4kg)

*値段は送料込み

Ueda Nouen - Yasufumi Ueda

Ph: 090-9090-1173 (mobile) *Inquiries in Japanese only

Web: http://www.uedanouen.com/

Shoot Harvest: 5th April to 25th April

Prices: Various

Tokujyo: ¥4,000 (2kg), ¥6,000 (4kg)

Shiroko: ¥8,000 (2kg), ¥12,000 (4kg)

*All prices include shipping costs.

Payment: by bank transfer or cash on delivery.

柴喜農園 - 齋藤圭祐(左)&齋藤治喜(右)

電話: 075-331-0953

ホームページ: https://sibaki.jimdo.com/

収穫: 4月

値段: 1kgごと¥1,000~¥5,000 様々(特上も白子も含めます)。ご注文の相談、詳しくはお電話で問い合わせしてください。

お支払い: 振り込み

Shibaki Nouen - Keisuke Saito (photo left) & Haruki Saito (photo right)

Ph: 075-331-0953 *Inquiries in Japanese only

Web: https://sibaki.jimdo.com/

Shoot Harvest: April

Prices: Anything ranging between ¥1,000 and ¥5,000 per kilogram is available (including Tokujyo and Shiroko). Please call for more information and to discuss your order.

Payment: Bank transfer only

三浦農園 - 三浦元貴

電話: 090-3704-1199(携帯)

メール: motokimiura@ezweb.ne.jp

収穫: 4月5日~月末

値段: 特上: ¥2,500 (2kg), ¥5,000 (4kg)

お支払い: 振り込み

Miura Nouen - Tomoki Miura

Ph: 090-3704-1199 (mobile) *Inquiries in Japanese only

Mail: motokimiura@ezweb.ne.jp

Shoot Harvest: 5th till the end of April

Prices: Tokujyo: ¥2,500 (2kg), ¥5,000 (4kg)

Payment: By bank transfer only